駿台文庫

~ 50年の歴史とともに ~

2018年、駿台文庫は創設50周年を迎えました。

駿台文庫の参考書・問題集は、毎日の予習・復習や受験勉強にはもちろんのこと、学校や塾での授業にも広く使われ、高い評価を得ています。

数々の名著が生まれ、先輩から後輩へと受け継がれてきた伝統の“駿台受験シリーズ”、たくさんの受験生に合格の指針を与え続けている“大学入試完全対策シリーズ(青本)”等、この選び抜かれた教材一冊一冊の確かな手ごたえを感じてください。

おすすめの一冊
Selection

おすすめの一冊

Selection

今回のおすすめは『システム英語長文頻出問題』です。

1題あたり平均4.5大学で出題された大学入試頻出英文を厳選しました。複数の大学で問われた部分を最新のデータに基づいた設問形式で出題しています。高度な読解力と論理的思考力が要求される新傾向の問題形式に対応し、各課ごとに、解答一覧と各設問について解答のポイントを簡潔に説明した「解答解説」と、問題英文を段落ごとにわけて詳細な説明を付した「詳説」で構成しました。

英文中の重要ポイントは<文法チェック><語法チェック>で確認でき、付属CDの音声は米国著者の文章は米音、英国著者の文章は英音で収録しています。

東大入試詳解シリーズ
Bestseller

東大入試詳解シリーズ

Essential Books

歴史の重みは、足枷にも、揺るぎない土台にもなりうる。東京大学を目指す学生たちにとって、信頼できる解説に支えられた、過去の東大入試の問題の集成は、堅固な礎石となる。いつの時代も、重厚で熱烈な東大受験生から、健やかでノリのよい東大受験生に至るまで、駿台予備学校は、膨大な数の人々を東大へと導いてきた。最も伝統ある東大実戦模試も主催してきた。入試問題を俯瞰すれば、東大が求めてきた人物像が見えてくる。駿台における指導を振り返れば、時代ごとの知の位相が浮かび上がる。そういった指導の一端を書籍の形で提示することは、長らく切望されてきたことだった。読者にとっては、水先案内人(ナビゲーター)、指導者にとっては、頼もしい相談役。一緒に進む道が、ここに切り開かれていく。受験を通して普遍的な世界へと至る道。過去を通じて、現在の指針とし、未来への展望を得る道筋へ…扉を開いて歩き出しましょう。(駿台予備学校英語科講師・大島 保彦)

新刊情報

New Releases

ページの先頭へ